転職の悩み

【あきらめないで!】転職で内定をもらえない原因と解決策を教えます。

転職で内定がもらえなくて諦めかけていませんか?

ここではこんな方の疑問にお答えします。

悩んでいる人
  • 何回やっても内定がもらえない
  • 内定がもらえない理由が知りたい
  • もう転職なんて諦めちゃおうかな

転職で内定がもらえない理由としては様々なことがあげられますが、自分の欠点を探し出すのはとても難しいこと。

私も転職活動をしていた時は理想的な会社に巡り会えずに2回も挫折してしまいましたが、今思えば『諦めずに挑戦し続ける』ことが最大の解決策だということを感じました。

そこで、今回は無名の中小企業から大企業に転職を成功させた経験を元に『転職で内定がもらえない原因と解決策』を伝えたいと思います。

この記事を読んでわかること
  • 【結論】諦めずに挑戦し続けること
  • 転職で内定をもらえない原因
  • 転職活動が長引く理由

転職で内定をもらえない原因とは

転職で内定をもらえない原因とは以下の5つが考えられます。

この5つは転職活動を行う上でとても重要なことでもあり、どれか一つが不十分でもいけないので徹底的な対策が必要になってきます。

しかし、妥協して内定が通りやすい企業に応募しても後々に後悔が残ってはいけないので、現状よりも満足できる会社にチャレンジすることが大切です。

転職で内定をもらえない原因
  1. 配属予定の仕事内容とあなたの接点が少ない
  2. 面接対策・企業調査が不十分
  3. 緊張して本来の力が出せない
  4. 転職理由が曖昧
  5. 応募書類が使い回し

配属予定の仕事内容とあなたの接点が少ない

内定をもらえないほとんどの原因が『仕事内容の接点が少ない』ことがあげられます。

企業は即戦力になる人材またはこれから成長が見込める人材を求めています。

したがって、応募先の仕事内容との接点が多いほど内定される確率が高くなってくるのです。

企業も入社後スグに結果を出してくれる人材を求めているので、前職でどのような仕事にチャレンジしてきたか、どんなスキルを持っているかが評価されるのです。

中途入社の場合、前職でどのような仕事をしてきたのかが最も重要になってきます。

ハムきち

中途入社の場合、前職でどのような仕事をしてきたのかが最も重要になってきます。

  • 今まで培ってきたスキルが試されるとき
  • 少しでも接点のある仕事は内定率が高い

面接対策・企業調査が不十分

面接対策や企業調査が不十分の場合、面接官には『本当にウチに来る気あるのか?』というように思われてしまいます。

ましてや競争率が激しい会社の場合、面接官は落とすことを前提に考えているので内定なんてもらえるはずがありません。

自分を宣伝するばかりではなく、『採用するとこんなメリットもあるよ』ということを伝えるだけで採用率は格段に上がるでしょう。

緊張して本来の力が出せない

『面接で緊張してしまって自分が出せない!』という人は多いのではないでしょうか。

特に普段から口数が少ない人や、コミュニケーションをとることが苦手な人は、面接で本来の力が発揮できないことが多いように感じます。

しかし、緊張とほどよく共存することで、あなたが思っている以上に力を発揮することができるので、私生活でも緊張に慣れておく必要があります。

面接ではどれだけ自分を出していけるかということが大切になってきます。

ハムきち

そんなこと言われても面接は苦手

緊張緩和のトレーニング
  • 会話で話し手になる
  • 普段話さない人でも積極的に会話してみる
  • コミュニケーション能力をあげる

転職理由が曖昧

面接官は前職と同じ理由で辞めてしまわないかを見極めています。

誰もが納得するような内容でない限り内定を獲得することは難しいでしょう。

面接官が聞きたい内容としては以下の内容があげられます。

  1. 転職理由として納得できる理由か
  2. 入社後にスグ辞めてしまわないか
  3. 人間的に問題はないか

会社としては入社後すぐにやめられてしまうと、会社の評判が落ちてしまうことや、求人先に支払った金額が無駄に終わってしまうので、慎重に見極めをしたい質問になっています。

入社後はできるだけ長く働いて欲しいと思っているので、会社側も条件のすり合わせが肝心だという事を考えているのです。

応募書類が使い回し

書類選考の通過率はたったの30%と言われています。

そんな中で、他の企業と同じ内容の書類を提出してもいいのでしょうか。

当然のように歴戦の面接官はお見通しです。

応募書類が使い回しの場合、内容も当たり障りのない言葉になってしまうので、面接官に印象を残すことは難しいでしょう。

ハムきち

恋人に送るラブレターだと思って1枚1枚に心を込めて書類を書いていくことが肝心です。

身だしなみを整える

身だしなみが整っていないと、面接官には『だらしがない』『不潔な人』というように写ってしまいます。

たとえ優秀なスキルを持っていても身だしなみが整っていないというだけで不採用になってしまいます。

人は見た目が8割という言葉があるように見た目を意識するだけで、『エリートサラリーマン』に見えてしまうわけです。

見た目のポイント
  • スーツの汚れやシワのないこと
  • 汚れのない靴・カバン
  • 清潔感のある髪型
  • 口臭、体臭ケア(タバコ、香水など)
  • 整った姿勢

転職活動が長引く理由

転職活動が長引いてしまうのは以下のことがあげられるので説明していきます。

これから説明する内容に心当たりがある方は要注意です。

ハムきち

転職活動は短期間で勝負!

  1. 応募数が少ない
  2. 企業調査をする時間を確保できていない
  3. ネガティブになりすぎている
  4. 理想が高すぎる

応募数が少ない

転職活動とは、少しでも気になる求人がある場合は応募してみることをオススメしています。

そもそも、書類選考に通過する確率は30%しかないので、応募数が少ないと面接にすら行けない状態になってしまいます。

求人を眺めてばかりでは何も始まらないので会社の雰囲気をあなたの目で確かめることが肝心です。

求人票だけでは感じることのできない社内のイメージや社員の雰囲気を確かめることも企業選びの一つなので、直接会社に出向いて確認することが間違いのない成果に繋がります。

ハムきち

転職で内定がもらえない場合、数をこなすことが成果につながるんだね!

平均応募社数

年代別の平均応募者数を調べてみました。

マイナビ転職の調べによると、全体的に内定を獲得するには平均で6〜10社の応募をしていることがわかります。

やはり、年齢が上がるにつれて応募社数も増えていく傾向にあるので、内定率も厳しくなってくることが見えてきます。

〜19歳4.1社
20〜25歳6.3社
26〜30歳7.1社
31〜35歳8.2社
36〜40歳 8.7社
41〜45歳10.1社
46〜50歳12.1社
51〜55歳14.5社
56〜60歳14.5社
61歳以上15.2社
平均応募者数や選考通過・内定の確率はどれくらい?ーマイナビ転職より引用

企業調査をする時間を確保できていない

現職の仕事をやりながら、転職活動することはとても大変です。

『毎日残業もしているのに企業調査や面接練習なんてできない!』

という方も多いのではないでしょうか。

しかし、1社1社入念に企業調査をしなければ面接でボロが出てしまい、面接官からは『本当にウチに興味があるのか?』と思われてしまいます。

面接というチャンスは1回しかないことを肝に命じてしっかりと企業調査に時間を割くことをお勧めします。

もし残業がある場合は、お断りして自分の時間を確保することも大切です。

  • 企業調査や面接練習は入念にやろう!
  • 残業なんて断ってしまおう!

ネガティブになりすぎている

不採用通知ばかりくると受け入れてもらえない気持ちになってしまい、ネガティブになってしまいますよね。

私も一時期は不採用ばかりで転職を諦めてしまった経験があるので、その気持ちは痛いほどわかります。

しかし、確率的に言えば不採用をもらう確率の方が圧倒的に高いので、気にしてばかりでは前に進めないんですよね。

この一言だけは伝えたいのですが、不採用になった理由はあなたが悪いのではなく『企業との接点が少なかった』という事です。

大切なのは『諦めない気持ちを持つ』の一つだけです。

世の中にはあなたを必要とする会社は必ず存在しています。

ハムきち

世の中にはあなたを必要とする会社は必ず存在しています。

  • 不採用をもらっても気にしない
  • 諦めなければ、あなたが求める会社は必ず見つかる。

理想が高すぎる

あなたが転職する理由はなんですか?

転職する目的を見失ってしまうと理想が高くなってしまい、転職期間が伸びてしまう傾向にあります。

あなたが求める転職理由をノートに書き出して優先順位をつけてみてはいかがでしょうか。

全てを満たせる会社は存在しないので、妥協できるポイントを整理することが大切です。

  • 優先順位を整理しよう
  • 妥協することも大切

転職活動の平均期間

厚生労働省の調査によると転職活動を行う期間は1ヶ月〜3ヶ月が最も多い期間となりました。

半数以上の人が3ヶ月以内に転職している結果をみると効率よくこなしていくことが、内定の近道になりそうです。

あまりに長い期間を活動していると、転職する目的を見失ってしまうことがあるので、短期間で集中的に転職をする人多いのもこの為かと思います。

ハムきち

自分の中で転職するゴールを決めておくとで効率良く進めることができます。

転職活動期間なし25.8%
1ヶ月未満19.3%
1ヶ月〜3ヶ月27.2%
3ヶ月〜6ヶ月14.8%

転職活動は在職中に行うべき4つの理由

これまで説明したように、転職とは簡単に内定を獲得することは難しいことがわかってもらえたと思います。

このことから、転職をする場合は現職で働きながら、仕事を探することをオススメしています。

在職中に転職活動をすることはとても大変に感じるかもしれませんが、離職してからだと様々なリスクを抱えることになるので注意が必要です。

  • 長期化するリスクがある
  • 在職中なら収入が入ってくる
  • 在職中だと精神的に安定する
  • 現職に残るという選択も可能

転職サイトや転職エージェントをフル活用する

転職サイトや転職エージェントをフル活用することで転職の近道になってきます。

特に転職エージェントは転職活動を進める上で最も重要なサービスになっているので、登録必須と言っても良いくらいに満足度も高いです。

非公開求人も豊富に扱っており、面接対策や履歴書の添削まで行ってくれるので、転職力を養うにはもってこいのサービスです。

こんなサービスが無料で登録できるのはとてもありがたいです。

転職エージェントは2社以上併用

転職エージェントにはそれぞれ得意とする年齢やジャンルが存在します。

1社だけ活用していても知識が偏ってしまうのと、要望に合う求人に巡り会える確率が減ってしまうので、どこかで行き詰まりを感じてしまうかもしれません。

2社以上登録することで、それぞれの欠点を補うように活用すれば、とても強力な助っ人になるでしょう。

まとめ【転職活動は全部やりきることが大切】

転職で内定がなかなか取れないという方は大勢います。

でもこの状況を打開できる唯一の言葉があるとすれば、

『転職活動は全部やりきることが大切』これだけです。

あなたは本当にやるべき事に対して情熱を持って取り組めていますか?

今の環境が嫌だから転職することは誰もが想像できますが、ネガティブな意見ばかり考えていては相手に伝わってしまいます。

大切なのは将来的に自分がどうなりたいか、どんなことにチャレンジしていきたいかということを面接官に伝えてみてください。

面接官も人間なので、あなたの情熱的な部分は必ず評価に繋がってきます。

転職活動は辛いことの連続です。

でもここで諦めてしまっては何も変えることはできません。

もう一度気持ちを切り替えて頑張ってみませんか?

そんなあなたを応援しています!

【転職サイトランキング】3分で無料登録!転職にお困りの方はこちらから。

⬇️転職エージェントの詳細が知りたい方はこちらから⬇️
【転職者必見!】転職エージェントランキング詳細ページ

リクルートエージェント
🔼 3分で登録!上の画像をクリック🔼

国内最大手の転職エージェント!
求人数が最も多く、様々なジャンルを扱っていることが特徴的。
迷ったら登録して損はない転職エージェントです!

○国内最大級の転職エージェント
○幅広いジャンルを網羅
○面接対策や企業データを大量に吸収できる。

パソナキャリア
🔼 3分で登録!上の画像をクリック🔼

転職初心者に最もオススメしたい転職エージェントです。
面接対策・履歴書の添削・メンタルサポートなど、手厚いサーポートが魅力的。
3人に2人は年収アップの転職を成功させています!
○転職初心者にオススメ
○年収アップ率・顧客満足度が高い
○求人数は量よりも質がいい
30代向け
🔼 3分で登録!上の画像をクリック🔼

転職サイトNo1のはリクナビNEXTです。
求人数が最も多いので、転職エージェントと併用して使うことをオススメします。
転職エージェントなどの担当制が苦手な人でも気軽に利用できることが大きなメリット。

○転職サイトNo1
○グッドポイント診断も本格的
○転職エージェントと併用がオススメ