転職スタートガイド

30代で初めての転職を徹底解説。【スタートガイド】

この記事ではこんな疑問に対してお答えしています。

悩んでいる人
  • 転職したいけど何から始めたらいいかわからない
  • 転職するのが怖くて前に進めない
  • 転職を効率よく進めたい

30代になると「これからの人生、この生活を続けてもいいのか」と悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。

特に家庭を持っている方は自身の年収や労働環境に対して不安を抱えている方が多いのも事実。

ハムきち

不安だからこそ、転職活動を効率よく進めたいですよね!

この記事では、30代で中小企業から大企業に転職を成功させた僕が、効率よく転職活動を進める方法を伝えていきます。

この記事を読んで欲しい方
  • 転職活動を効率よく進めたい
  • 30代になって初めて転職活動する
  • 家庭持ちで転職活動が不安

30代の転職とは【初めての転職活動】

30代の転職とは人によって、様々な事情により転職を行います。

中でも、

  • 「給料」
  • 「人間関係」
  • 「労働環境」

この3つを改善するために転職をする人がほとんどです。

仕事内容は嫌いではないけど、どうしても転職しなければいけないという方も多く見られます。

しかし、世間的に言われている「転職は30歳まで」という言葉が重くのしかかるなかで、転職とは本当に30歳までなのでしょうか。

答えはNOです。

世の中、少子化が問題になっている中で、働き手は確実に減少しています。

ましてや、下手に新人を採用するよりも、間違いなく即戦力を望めるので、売り手市場であることがわかります。

ハムきち

世間的にも30代は若く見られているので、これから会社を牽引するためにとても重宝される年代というわけです。

コタロー

人生まだまだこれからだがね〜。

本当に転職するべきか考えなおす

30代になると、出世ルートに乗っている方役職についている方も多いのではないでしょうか。

私もその点は転職するときに悩んだことがあります。

転職すると信頼関係がリセットされてしまいますし、何よりも年収ダウンの可能性が考えられます。

特に家族のいる方は年収ダウンにつながる転職はお勧めしません。

なぜなら、生活の質を下げることは思ったよりも大変だからです。

感情的になっている部分があるなら、ゆっくり考え直しても良いのではないでしょうか。

ハムきち

しかし、どうしても耐えられない状態なら転職する事で、可能性は大きく開けることになります。

コタロー

何事も自分の体が一番。

  • 本当に転職するべきか、しっかり考えよう。
  • 家庭持ちの方は慎重に行っていきたい。
  • 信頼できる人と相談することも大切

お友達の、りんたかさんのブログ記事です。転職をするための心構えを伝えてくれています!

是非とも参考にしてみてください!

初めての転職で失敗したくない!転職前に知っておきたいこと 大切なのは「転職理由の明確化」と「企業調査」

引用元 りんたかブログ

30代の転職するメリット

30代の転職で特に狙っていきたいところは、

  • 年収アップ
  • スキルアップ
  • 働環境の改善

この3つです。

全てを叶えることは難しいですが、自分の理想とする項目が2つ以上当てはまる場合は転職成功と言えるでしょう。

転職とはネガティブな印象を抱く方が多いですが、今の労働環境から上記の3つを改善できることは、とてもすばらしいことです。

日本の労働環境は、1つの会社で定年まで働いたほうがいいという、昔ながらのイメージを抱いている企業も多いと思います。

しかし、転職をすることで生活改善に大きく貢献してくれるので、会社に不満を思っているのならば、少しだけ世の中を見るのも勉強になります。

転職のメリット
  • 年収アップが見込める
  • 成長産業に入社できる
  • スキルアップが望める
  • 労働環境が改善される

30代の転職するデメリット

今の環境を捨てて、新しい環境に移るのは、とても勇気のいる行為です。

しかし、転職に対してのデメリットのほとんどが、時間が解決してくれることばかりなので不安になることは無いことがわかります。

唯一、年収ダウンの可能性がありますが、年収の交渉は面接時にすることができるので、気に入らなければ内定を辞退すればいいのです。

私も年収ダウンの可能性がある会社はお断りした経緯があるので、積極的に上を目指したいところ。

転職のデメリット
  • 人間関係がリセットされる
  • 新しい仕事を覚える必要がある
  • 年収ダウンの可能性がある

在職中の転職活動がオススメ

転職活動は在職中に行う方が圧倒的にオススメです!

退職してからだと転職活動が長引いたとき、収入源が全くなくなるのは精神的な苦痛を強いられます。

精神的に不安定になると面接でも弱気な印象を与えてしまい、採用率が落ちてしまうので、必ず在職中に行うようにしましょう!

中には、

「退職してからの方が、時間が確保できるので活動を有利に進められる」

という方もいると思いますが、

ハムきち

時間がないならつくればいいのです。

下記に在職中の転職活動のやり方をまとめたので説明していきます。

在職中の転職活動のやり方

それでは、在職中の転職活動のやり方を説明します。

まずは、転職をするにあたって、

  • 転職を必ず達成する!
  • 残業があっても定時で帰れるように仕事を調整する

この2つは必ず行ってください。

そして会社が終わった帰宅後は、

  • 企業調査
  • 面接対策
  • 筆記試験対策

この3つを毎日、重点的に行います!

転職活動とは中途半端にやると必ず失敗するので、短期間で徹底的に行うのがポイントです。

面接は基本的に平日に行われるので、有給も惜しみなく使っていきましょう!

  • 『転職を必ず達成する!』という決意を持つ
  • 残業を断り毎日定時で帰る。
  • 帰宅後は企業調査や面接対策をする。
  • 転職活動は短期勝負!

自分の強みを確認する

ご自身がどんなスキルを持っているのか、企業にアピールできるスキルを見つめ直してみましょう。

社会に出て一番長く経験した業務や、資格試験を持っているものがあればベストです。

これだけは誰にも負けないというスキルを探してみてください。

その強みが転職活動においてのキーワードになります。

自分の強みを知る
  • 資格を持っている
  • 実務経験が豊富
  • 誰にも負けないものがある

資格を取得してからでも遅くない

悩んでいる人

『そんなこと言われても、アピールできるものが少ないよ!』

という方は、在職中に資格を取得してからでも遅くはないでしょう。

資格というのは、持っているだけで『これだけの技術を持っています』というアピールになります。

転職において内定が優遇されたり、給料アップも期待できるので、今後の活動を有利に進められます。

業種選定をする

転職活動において業種選定はもっとも大切です。

業種選定を間違えてしまうと転職活動が長引いてしまう恐れがあるほか、不採用通知ばかり届いてしまい、転職活動が嫌になってしまうからです。

採用されやすい業種を選ぶのも立派な転職対策です。

コタロー

不採用通知ばかりだと自分が否定された気分になってとてもつらい。

30代の転職は同業種がオススメ

30代の転職は圧倒的に同業種がオススメです。

企業も30代の採用は即戦力を狙っているので面接の採用率が格段に上がります。

採用されやすい人材とは、企業とのマッチングが高いほど採用されやすい傾向にあります。

企業も30代で未経験の人材よりも熟練の経験者を採用したがっています。

厳しい話ですが、「未経験ですが頑張ります!」が通用するのは20代までです。

同業種がオススメな理由
  • 採用率が高い
  • 給料アップが望める
  • 仕事を覚える量が少ない
  • 会社に馴染みやすい

安定が魅力の大企業にチャレンジ

会社に安定感を求める方は大企業にチャレンジするのもいい経験になります。

書類選考に通る確率も低いですがチャレンジするだけなら問題ないので、積極的に応募してみてください!

不景気の時に影響を受けにくいので入社できれば精神的な安定が手に入ります。

技術力やスキルを磨きたいなら中小企業

技術力を身に付けたい場合は圧倒的に中小企業の方がスキルアップに繋がります。

小規模な企業ほど技術力に長けている企業が多いので1つのことを極めるプロフェッショナルな人材になりたい場合は中小企業がオススメです。

しかし、中にはひどい会社もあるので、企業選定が必要になります。

しっかり見極めた上で行動に移しましょう!

スキルを活かせる異業種も狙い目

どうしても異業種に転職したい方は、少しでも活かせるスキルを全面的にアピールすることで採用される可能性は十分にあります。

面接官に少しでも「活躍できそうだ」と思わせることが採用に繋がります。

異業種だとしても、今のスキルを応用してスキルを発揮することができれば、転職することは可能です。

転職エージェントを利用する

転職エージェントとは

転職を考えている方と、企業を仲介してくれるサービスのことを言います。

転職のノウハウに長けているアドバイザーが、転職に必要な知識と情報を提供してくれる、とても心強いサービスです。

転職の方向性に悩んだ時や、不安があるときは、気軽に相談できるので、転職の成功率がアップします。

エージェントと直接面談を行うことで、その人にあった仕事内容を提案してくれるほか、企業から面接確約のオファーをもらうこともできるので、一人で転職活動をするよりもいい求人に出会える確率が高いのです。

転職エージェントはメリットしかない

転職エージェントを利用すると、どんなメリットがあるのか紹介します。

転職エージェントのメリット
  • 求人の質がいい(ここでしかない求人も多数存在する)
  • わからないことがあったら気軽に質問できる
  • 企業との仲介役をやってくれる
  • 企業から直接連絡がこないので圧倒的に楽
  • 面接対策やノウハウを教えてくれる
  • 無料なので気軽に利用できる
  • 企業ごとに面接の内容や雰囲気を教えてくれる

正直に言って無料でここまでのサービスが受けられるのは、利用しないのはもったいないくらいです。

私も何度かお世話になっていますが、エージェントの方はとても親切で、転職の後押しをしてくれるので、30代の転職では間違いなく使ったほうがいいです。

初めての転職こそエージェントを利用するべき

初めて転職する方だと、何から始めればいいかわからないと思います。

そこで、転職エージェントにお任せしておけば、転職のサポートから企業との仲介まで行ってくれる、非常にありがたいサービスです。

キャリアの棚卸しを行うことで自分のアピールできるスキルや、今後の方向性をサポートしてくれるので、是非とも活用したい。

私も初めの頃は、転職エージェントを利用することは、なんとなく不安で避けてきましたが、一人で活動していると、とても苦労をした記憶があります。

しかし、転職エージェントを利用した結果、良質な求人が豊富で、転職活動のサポートまでしてくれるので活動に対する負担がへりました。

転職活動に行き詰まっている方や、転職に不安がある場合はオススメです。

面会前は事前準備をしておく

転職エージェントに登録すると、これからあなたをサポートしてくれる担当者と面会することになります。

30分程度の面会ですが、ご自身の転職理由や希望する業種など聞かれるので、事前に準備をしていきましょう。

実際に面接に持っていく履歴書を持参できれば、その場で添削も行ってくれます。

人事採用は企業にとって莫大な投資

企業にとっての「採用」とは、どんなイメージを持っているでしょうか。

企業も働き手が欲しいのはわかりますが簡単に採用されない理由は、とても高価な投資をする事と同じイメージを持っているからです。

30歳 年収500万の採用人事採用のトータル金額
+昇給分
+社会保険ほか➡︎3億5000万円の投資
+その他コスト
+勤続年数

上記の票を見てわかるように、企業は1人採用すると、これだけの金額が動くことを頭に描いています。

そのため、企業が採用に対して慎重になるのは、これだけの金額が将来的に動くことが予想されるので、企業側も簡単には採用に踏み切れないことが理解できます。

企業側も採用で失敗したくないので徹底的な見極めが必要なのです。

面接対策

面接とは、ご自身の言いたいことを伝えるのではなく、相手の聞きたいこと、興味のありそうなことをイメージしながら伝えていきましょう。

中には、

悩んでいる人

「話が上手くないので心配です」

という方もいますが、面接をする上で、話は上手くなくても大丈夫です。

面接とは企業とあなたの接点を形にする商談の場所です。

企業が求めていることを理解した上で面接に望むことで、スムーズに会話を進めることができます。

ハムきち

そのためには、企業調査を徹底的に行っていきましょう!

面接対策まとめ
  • 企業との接点を意識する
  • 企業調査は徹底的に行う
  • 会話下手でも大丈夫!自信を持つことが大切。

一次面接

一時面接とは、基本的に

  • 人事担当
  • 部長
  • 課長

のメンバー構成で行われることが多いです。

30代の面接となると、形式的に面接を進めても面接者の本心を聞き出すことが難しいとされているので、商談形式が基本とされています。

そのため、面接者の性格やスキルを正確に判断するためにこの方式をとっているので、いかに自分を出しながら企業との接点を見極められるかがポイント。

面接の極意とは「面接をいかに盛り上げられるか」にかかっています。

コタロー

ポイントは、少しの自信と笑顔で話しかけることが大切だがね。

  • 面接を盛り上げられるかがポイント
  • 会社の接点が多ければ自然と会話が弾む
  • 自分のスキルを全面的にアピール!

自分のスキルをアピールする場

ご自身のスキルや性格を徹底的にアピールしてください。

  • 自身の強み
  • 入社後のスキルの再現性
  • 実務経験が豊富なスキルについて

ご自身で作った資料やレポートを提出したり、現場職の方であれば、自分で作り上げた製品を持参するのも大きな効果があります。

ハムきち

私の知り合いで、自分で作り上げた製品を提出したことで、大企業に内定をもらっている方もいました!とてもアピール上手です!

面接官に「欲しい!」と思わせるテクニック

企業は面接者のこの3つを意識して採用しています。

  • 内定を辞退しないか
  • 長く働いてくれそうか
  • 企業との接点はどれくらいマッチしているか

面接官は、この3つを意識しながら面接しています。

中でも、企業と面接者の接点がどのくらいマッチしているかが大切なポイントです。

自身のスキルをアピールしながら具体的なエピソードを交えて説明できると効果的に進められます。

企業が意識している3つの接点
  • 働く意欲・伸びしろはあるか
  • 風土に合いそうか
  • 即戦力になるか
あなたが意識する3つ接点
  • できる、できないをハッキリさせる
  • 長く続けられるか
  • 活かせるスキルはないか

最終面接

最終面接では

  • 社長
  • 取締役
  • 人事担当

のメンバー構成で行われることが多いです。

一時面接との違いは、形式的なテンポで進められることが多く、独特な緊張感の中で面接を行うことになります。

基本的には

  • スキル
  • 人間性
  • 話の進め方

など、社会人としての基本を広く浅く見られているので、雰囲気に飲まれないように注意しましょう。

面接官は社長をはじめ、役員のメンバーが勢揃いなので会社に対して、どれだけの利益を出せるかというエピソードを話すことができれば好印象です。

一時面接と最終面接は面接官が違うので、求められる内容が別物と捉えたほうが良いでしょう。

一時面接で手応えがあったからといって、気を抜いてはいけません。

ここで失敗してしまうと、印象が一気に悪くなってしまい、不採用となってしまいます。

最後の局面です。

気を抜かないように、全力で挑んでください!

  • 内容は同じですが、形式的で進められる
  • 最後だからといって気を抜かない
  • 会社に対してどれだけの利益を出せるかアピールする

入社する熱意を表す

あなたにスキルがあるのは一時面接で認められています。

最終面接こそ、入社したいという熱意が必要です!

そのためには、もう一度自分の強みや売り出したいものを見つめ直したり、企業研究を怠らないでください。

ハムきち

面接官も人間です。

あなたの熱意で押し切れば、必ず気持ちに答えてくれるはずです!

  • 一時面接で、スキルがあるのは認められている。
  • ここまできたら、熱意とやる気の一点突破!

筆記試験対策

採用試験では面接を重視される企業が多いですが、最低限の一般常識は予習しておくと良いでしょう。

「あれだけ面接で手応えがあったのに不採用になってしまった」

なんていうことは避けたいので、不採用になる要因は全てクリアーな状態にしておきましょう。

中学、高校レベルは予習しておく

基本的には中学、高校レベルの一般常識の問題が出てきます。

  • 国語➡︎漢字の読み書き
  • 数学➡︎数式の計算
  • 英語➡︎英単語

高校レベルとはいえ卒業してから10年以上のブランクがあるので、ほどほどに答えられたら問題ないと思います。

全く予習なしで挑むには難しいと感じると思うので問題集などを参考にすると良いでしょう。

作文、レポート対策

企業によっては作文やレポートの提出を要求してくる企業もあります。

作文のお題に関しては「転職についての心構え」など、転職にまつわる内容がほとんどなので、最低限の文章力が備わっているかチェックするためです。

内定獲得

ここまで対策して、初めて内定を獲得することができます。

しかし、転職をする上で、内定を獲得することが目的になってしまってはいけません。

内定をもらうと、ついつい嬉しくなって簡単に内定を受けてしまいがちですが、ここでも企業選定が必要です。

本当にこの会社で働いてもいいのか、本当に続けられるかの最終チェックをして下さい。

内定をもらったら、今度はこちらが選ぶ側になるので慎重におこなっていきましょう!

  • 内定を獲得することが目的ではない
  • 本当にこの会社でいいのか最終チェックをする
  • 内定を獲得して時点でこちらが選ぶ側になる

企業選定

内定をもらったら、もう一度、企業選定を行って下さい。

  • 給料
  • 仕事内容
  • 働く環境(夜勤の有無や残業時間)
  • 会社の将来性

最低でもこの4点は自分の中で考え直すことで今後の進路を冷静に見つめ直すことができます。

ご家族が近くにいる場合は、生活環境が変わる可能性があるので、今後の生活に支障が出ないか相談してみてもいいでしょう。

条件選定・交渉

どうしても気に入らない条件がある場合は、企業に交渉することも可能です。

すでに内定を獲得しているので、企業はあなたを必要としています。

多少のことなら条件を変えてくれることもありますが、基本的には面接時に交渉しておくほうがスムーズに進めることができます。

将来的にあなたが働くかもしれない会社なので無理のない交渉をお勧めします。

内定後に交渉できること
  • 給料アップの交渉
  • 関連性のある部署の変更

転職後の注意点

転職を成功させたからといっても油断はできません。

転職後の3ヶ月はなれない人間関係や環境の変化についていくのが大変に感じるかと思います。

しかし、なぜ大変に感じるのだと思いますか?

それは、10年以上のキャリアやプライドが、あなた邪魔をしているからです。

入社したばかりの時は、あなたは「よそ者」です。

人間関係や仕事での信頼関係を構築するには時間がかかるので、少しずつ自分を出していくことが、会社に馴染む一番のコツです。

会社に馴染むコツ
  • 自分を出しすぎない
  • 誰にでも敬語で話す
  • 挨拶、お礼を忘れない

まとめ

以上で、初めて転職するかたの転職が成功するポイントをまとめました。

30代になると、「給与面」「家庭環境」「人間関係」といった仕事において様々なプレッシャーがかかってくる年代だと思います。

そのために、自分を犠牲にして転職できなかったり初めの一歩を踏み出せないかたが多くいるように感じます。

誰しもが、初めての世界に飛び込んでいくのは不安に感じますが、動いた人だけが見える世界があります。

会社というのはあなたが知っている以上に物凄い数の企業が点在しています。

目標を掲げることで、必ず達成できることを忘れないでください。

ABOUT ME
ハムきち
ハムきち
倒産寸前の貧乏会社で回し車で走らされていたハムスター。残業月100時間超えのブラック企業でハム生を消耗していました。今では残業0大手企業の温室古屋でぬくぬく暮らしております。 このブログでは転職活動で苦労したことや、ブラック企業の実態をお伝えします。

転職サイトはdoda

最後までお読み頂きありがとうございます!応援よろしくお願いします!