転職スタートガイド

30代で転職するメリット・デメリットとは?転職するのも悪くない。

30代で転職することで得られるものや、あなたにメリットがあることはご存知ですか?

ここ近年で転職する方は増加している傾向にあります。

中でも30代の転職は全体の50%以上の方が転職を経験しており、企業側も即戦力が望めるので、とても需要のある年齢層となっています。

しかし、30代になると家庭を持っていたり、現職でも大切な仕事を任されていて中々転職に踏み切れない人も多いのではないでしょうか。

でもこれだけは知っておいてください。

30代で転職するということは一見勇気のいる行為に見えますが、条件さえ合えば多くのメリットを感じることができるので、将来的な満足度も高まってくるでしょう。

この記事でわかること
  • 30代の転職、メリット・デメリット
  • 転職をすることで得られるもの
  • 30代で転職できるのか?
  • 30代の転職の疑問点

30代で転職するメリット

それでは、『30代で転職するメリットはあるの?』という方にお答えします。

20代の転職と違ってこれまで取り組んできたことが素直に評価される年代です。

現職では叶えられなかった希望を叶えるチャンスとも捉えることができるので、積極的にステップアップを狙っていきたいところ。

30代で転職するメリットとは、現在のしがらみから解放されて新しい環境へチャレンジすることができる、とても素晴らしことなのです。

30代の転職するメリット
  1. 年収アップが見込める
  2. 成長産業に入社できる
  3. スキルアップが望める
  4. 人間関係をリセットできる
  5. 転職に対して耐性がつく

年収アップが見込める

同業種の転職では年収アップを見込むことができます。

今まで働いてきた会社では、仕事内容がなかなか評価されなかったり、経営が不安定で昇給や賞与がほとんどなかった方もいるのではないでしょうか。

30代の転職とは即戦力で採用される場合がほとんどです。

そのため、給与面で現状維持が見込めたり、年収アップが期待できるので、積極的に狙っていきましょう。

  • 同業種の転職なら年収アップが可能。
  • どこまで即戦力としてスキルを発揮できるかが鍵になる。

成長産業に入社できる

経済というのは少しずつ変化しています。

仕事のジャンルを選ぶことで成長産業に入社することができるのは転職者にとって、大きなメリットではないでしょうか。

1度そのレールの乗ってしまえば安定した生活が待っているので、積極的に挑戦していくべきです。

しかし、転職する上で業種選定は慎重に行わなければいけません。

将来を見据えた行動がキモになってくるでしょう。

  • 成長産業にチャレンジできるのはとても大きなメリット。
  • 業種選定は慎重に行う。

スキルアップが望める

新しい環境に身を置くことで、初めて経験する仕事を任されます。

さらに、その仕事にそった資格試験を取得することもできるので自身の経験の幅が大きく広がっていくことを感じられ、仕事をすることの楽しさを見出せるかもしれません。

このことから大企業への転職も積極的に狙って行きたいところ。

規模の大きい仕事を任される他、各部署に在籍するプロフェッショナルの講習を受ける機会も数多くあるので、あなたが成長している実感を感じ取ることができます。

他にも資格試験を積極的にチャレンジさせてもらえる会社を選ぶことで、大幅なスキルアップが望めることでしょう。

  • 新しい仕事に取り組める。
  • 資格試験を積極的にチャレンジさせてもらえる会社を選ぼう!

人間関係をリセットできる

人間関係で転職する方は非常に多いのではないでしょうか。

特に過剰な上司のパワハラ同僚からの嫌がらせなどが挙げられます。

職場の人間関係とは複雑に絡み合い、やっかいな環境下にあるのはご存知だと思いますが、

そんなめんどくさい環境なら職場の人間関係をリセットしてしまいましょう!

新しい環境で始められることで、前職での教訓を生かし新たなスタートをきることができます。

一見デメリットのように感じますが、考え方を変えれば大きなメリットの一つになります。

  • 自分の苦手な人と離れることができる
  • 前職の教訓があるので、失敗しにくい

転職に対して耐性がつく

30代で転職をすることで、自分の強みを知るきっかけになり、スキルをアピールする方法がわかってきます。

自分のスキルを見つめ直すことで、市場価値がわかるようになり、転職への抵抗感が薄くなってくるでしょう。

自分の強みである業種をみつける事で、『いつでも転職できる』という気持ち的に余裕をもつことができます。

  • 自分の市場価値がわかるのは、大きな強み!
  • 「いつでも転職できる」という余裕を持つことができる。

30代で転職するデメリット

30代で転職するデメリットもあるんでしょ?』という方にお答えします。

今まで現職で活躍してきた方にとっての転職とは、今の立場や人間関係を捨てて新しい環境に身をおかなければいけません。

そのため、全てをリセットしてまた一からのスタートに抵抗感がある方も多いのではないでしょうか。

これから伝えることを受け入れられない場合は、転職することをお勧めいたしません。

30代の転職するデメリット
  1. 新しい仕事を覚える必要がある
  2. 人間関係がリセットされる
  3. 会社の風習やルールを覚えるのが大変
  4. 出世ルートから外れる可能性がある

新しい仕事を覚える必要がある

最初の3ヵ月は新入社員と同じ扱いをされます。

新しく仕事を覚える必要も出てくるので、最初は大変に感じるかもしれませんが、自身のスキルアップにもつながっているので、考え方によってはメリットにもなります。

人間関係がリセットされる

今まで自分が積み上げてきた信頼関係がリセットされます。

入社したての頃は信頼されてないので、簡単な雑用を任されることもあります。

確実に仕事をこなしていくことで、少しずつ信頼関係を積み上げていきましょう。

こればかりは、時間をかけるしかないでしょう。

ハムきち

1人でも貴方の味方が現れれば環境は一気に楽になります。

会社の風習やルールを覚えるのが大変

会社によっては独特な風習やルールが存在します。

最初のうちは環境に慣れるまで大変に感じますが、時間がたてば慣れるのであまり深く突っ込まない方がいいでしょう。

なかには『なんでこんなことをしてるんだ!?』と思うかもしれませんが、あなたが信頼されてから変えていけば良いことなのです。

  • 会社のルールを覚えるのは初めは大変ですが、慣れで解決できることです。

出世ルートから外れる可能性がある

気にされない方もいるかもしれませんが、30代になるとそれなりのポジションを任されるている方も多いとおもいます。

転職をすると、すでに出世ルートにいる社員がいる可能性があるので、30代で転職をすると基本的に出世できる可能性は低くなります。

しかし、中には周りの社員に実力を認められ出世ルートを歩んでいる人もいるので、一概には言い切れないのも事実です。

中途だからこそ違った目線や、あなたしか持っていない武器もあると思うので、それらのアドバンテージを存分に発揮してみてはいかがでしょうか。

  • 自分の市場価値は転職活動をやらないとわからない。
  • 転職に有利なスキルを習得しておくのも大切。

30代の転職で得られるもの

30代の転職において『年収が下がってしまう』『全てがリセットされてしまう』などと一見マイナス面ばかり目立ってしまいますが、あなたは今の生活に満足しているのでしょうか?

実際に私も30代での転職を経験しましたが、最初は転職なんて出来るのか不安いっぱいでした。

しかし、行動さえ起こしてしまえば、今まで不満に思っていたことを改善できるチャンスだと捉えることができるのです。

少しでも『今の状況からに受け出したい!』『もっと生活を充実させたい!』と思う方は、思い切って初めの一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

30代の転職とは、ポジティブな場面をイメージすることで多くのメリットを感じることができるのです。

自分の市場価値がわかる

自分が今まで積み上げてきたものが正直に評価されます。

転職には「有利なスキル」「不利なスキル」が存在します。

自分の持ち合わせているスキルが世の中で活躍できるスキルかを確かめることができます。

そのためには在職中にできるだけ市場価値の高いスキルを習得することをオススメします。

転職を有利に進めるには、1つのスキルを極めるより、広く浅くスキルを習得しているほうが様々な業種にチャレンジできるので有利に進められます。

世の中を知るきっかけになる

転職活動を行なっていると面接するときに様々な会社を見ることができます。

世の中にはあなたの知らないことや、『こんな仕事があるのか!』というように新たなる発見につながることがあります。

そこで得た新しい知識は必ずあなたの価値観を変えるきっかけになるので、とても貴重な経験になるでしょう。

困難を乗り越えることで度胸がつく

「履歴書」「企業調査」「面接」様々な試練を乗り越えて内定を掴みにいくのですから、転職というのはとても大きなエネルギーを必要とします。

しかし、試練を乗り越えることで人は大きく成長できるのです。

転職という経験はあなたを成長させてくれると共に、あなたの自信へと繋げることができるので、その経験は必ず新しい職場でも生かすことができます。

転職という大きな試練を乗り越えることで、人は成長することができる。

30代で転職する理由

下記の表のように30代で転職する理由というのは、働く環境がキーポイントとなっており、将来を見据えて転職する人が多くいるように感じます。

しかし、年齢を重ねるごとにこれらの条件を満たすことは難しくなってくることは事実。

少しでも下記の項目で当てはまる項目があれば、早めに転職を検討することをお勧めします。

 

30代で転職する理由

順位 前年度 転職理由 割合 前年度比
1位 2位 ほかにやりたい仕事がある 13.7% -0.6pt
2位 1位 会社の将来性が不安 13.5% -1.1pt
3位 3位 給与に不満がある 11.3% 1.4pt
4位 4位 残業が多い/休日が少ない 7.1% 0.1pt
5位 5位 専門知識・技術力を習得したい 5.4% -0.6pt
6位 6位 U・Iターンしたい 4.1% -0.4pt
7位 7位 幅広い経験・知識を積みたい 4.0% 0.0pt
8位 11位 会社の評価方法に不満がある 3.7% 0.6pt
9位 8位 業界の先行きが不安 3.3% -0.2pt
10位 9位 市場価値を上げたい 3.3% -0.1pt

出典:みんなが転職する理由は?年代別転職ランキング2018転職ならdoda

 

30代で転職はできるのか?

結論から話すと30代で転職は可能です。

しかし、年齢を重ねると即戦力を重視されたり、マネジメント能力があることが最低条件だったりするので、これまで培ってきたことが試される期間でもあります。

ここ近年、働き手の数が徐々に減少傾向にあります。

どの企業も後継者不足や労働者不足に陥っているので、30代というと世間的にはまだまだ若く見られているのです。

30代の人材とは、これからの将来性も期待されておりリーダーシップも取れるので、とても貴重な存在だと言えるでしょう。

30代の転職でよくある疑問点

30代の転職でよくある疑問点に対してお答えします。

転職をしたいけど30代になって初めての転職だと不安がつきものですよね。

間違いなく20代より状況は変わっているので、それを納得した上で転職に行動を移した方がいいように感じます。

30代になると背負っているものが大きくなってくるので、慎重に進路を選択したいですよね!

転職回数が多いけど大丈夫?

何度も転職を繰り返しているとあまりいいイメージを持たれないのが現実です。

しかし数年前と違って、何度も転職を繰り返してキャリアアップを図る人も珍しくなくなりました。

キャリアアップやスキルアップのために転職をしてきた場合、目的があって転職を繰り返してきたことを説明できるはずです。

転職回数が問題なのではなく、『何を目的として転職してきたか』ということです。

転職は在職中に行うべき?

間違いなく在職中に転職活動を行なうべきです。

退職してからだと、様々なリスクを抱えてしまう他、転職活動に焦りが出てしまって思った方向に進めないことがあります。

人というのは働いていることで、社会的貢献度が増し精神安定剤になるものです。

不安定な状態で転職活動に望んでも、理想的な職場に巡り会えないことが出てきます。

しかし毎日の残業で転職活動ができない!という方もいると思いますが、退職する会社だと割り切って残業を断ってしまってもいいと思いますよ!

異業種に転職したいけど難しい?

30代になると異業種への転職は狭き門だと言えるでしょう。

しかし、少しでも関連性のある仕事内容ならば転職できる可能性はあるので、業種を変えたい場合はあなたのポータブルスキルを見直してみるといいかもしれません。

仕事内容に接点がある場合積極的にチャレンジしてみる価値はありそうです。

どうしても転職をしたいけど給料が下がる場合は?

ご結婚されている場合はパートナーと相談の元に転職活動を行なった方が良さそうです。

結婚してお子さんがいる場合と、そうでない場合があるのでなんとも言えませんが、基本的には生活に支障のないレベルの年収ダウンならば仕方のないことではないでしょうか。

今の生活レベルを下げることはとても大変なことです。

なので、基本的には今と同等もしくは年収アップの転職をお勧めしています。

転職活動で内定がもらえなかったらどうすればいい?

30代が内定をもらえる確率は、

  • 一時面接⇨30%
  • 最終面接⇨50%

と言われています。

この数字を見て低いと思った方は多いと思いますが、ポジティブに考えれば3〜4社の面接で内定を獲得できるということが見えてくるのではないでしょうか。

そんなこと言われても内定がもらえないんだよ!

という方は以下の3つに当てはまっているかもしれません。

  1. 配属予定の仕事内容とあなたのスキルの接点が少ない
  2. 面接対策が不十分
  3. 求人の応募数が少ない

この項目を参考にして、内定がもらえない原因を自分なりに洗い出してみることが大切です。

しかし、内定がもらえないからといって諦めてしまっては現状を変える事はできません。

転職をしたい!と心に誓ったからには必ずやり遂げることで理想的な職場に巡り会えるでしょう。

入社後の人間関係が不安

入社後はあなたと周りの信頼関係は0からのスタートになります。

初めの3ヶ月は、新しい環境に慣れるだけでも大変に感じるかもしれません。

中には年下なのに会社では先輩という複雑な関係になってしまう事もあるので、初めのうちは全員に敬語で接することが無難だと思います。

今まで経験してきた教訓を生かして、より良い関係を築くチャンスだと捉えることもできるので入社してから考えても遅くはないと思いますよ!

まとめ ”30代の転職は勇気のいる行為”

転職というのは、どうしてもネガティブなイメージがあります。

捨てるものもあれば得るものも多いので、デメリットばかりでわない事がわかります。

30代になると、少しずつ背負う責任が大きくなってきます。

今の環境を変えるには、とても勇気のいる決断です。

しかし、現状を変える事ができるのは、あなた自身です。

これをきっかけに、大きな一歩を踏み出してみて下さい。

◯30代の転職 メリット

  • 年収アップが見込める
  • 成長産業に入社できる
  • スキルアップが望める
  • 人間関係をリセットできる
  • 転職に対して耐性がつく

●30代の転職 デメリット

  • 新しい仕事を覚える必要がある
  • 人間関係がリセットされる
  • 会社の風習やルールを覚えるのが大変
  • 出世ルートから外れてしまう
【転職サイトランキング】3分で無料登録!転職にお困りの方はこちらから。

⬇️転職エージェントの詳細が知りたい方はこちらから⬇️
【転職者必見!】転職エージェントランキング詳細ページ

リクルートエージェント
🔼 3分で登録!上の画像をクリック🔼

国内最大手の転職エージェント!
求人数が最も多く、様々なジャンルを扱っていることが特徴的。
迷ったら登録して損はない転職エージェントです!

○国内最大級の転職エージェント
○幅広いジャンルを網羅
○面接対策や企業データを大量に吸収できる。

パソナキャリア
🔼 3分で登録!上の画像をクリック🔼

転職初心者に最もオススメしたい転職エージェントです。
面接対策・履歴書の添削・メンタルサポートなど、手厚いサーポートが魅力的。
3人に2人は年収アップの転職を成功させています!
○転職初心者にオススメ
○年収アップ率・顧客満足度が高い
○求人数は量よりも質がいい
30代向け
🔼 3分で登録!上の画像をクリック🔼

転職サイトNo1のはリクナビNEXTです。
求人数が最も多いので、転職エージェントと併用して使うことをオススメします。
転職エージェントなどの担当制が苦手な人でも気軽に利用できることが大きなメリット。

○転職サイトNo1
○グッドポイント診断も本格的
○転職エージェントと併用がオススメ