工場勤務

ライン作業は地獄を見る!【きつい理由11選】未経験歓迎は要注意!

⬇️【あなたの強みはこれ!】リクナビNEXTのグッドポイント診断はこちら⬇️ グッドポイント

この記事ではこんな疑問に対してお答えしています。

悩む人
  • ライン作業って本当に地獄なの?
  • ライン作業のどこがきついか知りたい
  • ライン作業に向いている人は?

工場の求人でよく見る仕事内容の1つである『ライン作業』

ライン作業をやったことのない人にとって、どんなことがきついのか想像できないのではないでしょうか。

結論から話すと、

ライン作業は体力的にも精神的にもきつい!地獄を見る!

ということを伝えていきます。

ライン作業の求人でよく見る

『未経験者歓迎!』

とか

『単純作業で楽チン!』

という言葉の裏側では、こんなにもきつい地獄が待っているので気をつけてください!

ハムきち

工場勤務でライン作業も経験のある僕が、

経験をもとにライン作業がきつい理由をまとめてみました。

『単純作業だから楽なんでしょ?』

って思っている方は要注意ですよ!!!

>>プロフィールはこちら

ライン作業は地獄を見る!きつい理由11選

悩む人

ライン作業ってどんなことが地獄なのかな?

ライン作業という仕事は想像以上にきつい仕事です。

  • 単純作業
  • 何も考えなくてもいい

この2つのメリットの裏側にはこんなにも多くの地獄が待っています!

興味本位で始める前にこの記事を参考にしてもらえると地獄を見なくていいかもしれません。

ハムきち

ちなみに僕は、

もう2度とライン作業はやりたくないと断言します!!!

ミントちゃん

相当なトラウマがあるのね

ライン作業は地獄を見る!きつい理由11選

  1. 体全体が痛くなる
  2. ライン作業はスピードが追いつかない
  3. ライン作業は時間が経つのが遅い
  4. ライン作業は精神的にきつい
  5. 空調のない工場のライン作業は悲惨
  6. ライン作業はトイレに行けない
  7. 箱替えが地味にきつい
  8. ロボットになった気分になる
  9. 工程ミスをすると不具合の量が半端ない
  10. ライン作業の夜勤は睡魔との戦い
  11. スキルが付きにくいので将来が心配

体全体が痛くなる

最初に伝えたいことはこれ!

ライン作業をやると体全体が痛くなります。

なぜならライン作業は同じ動作の繰り返しだからです。

簡単な作業とはいえ、8時間おなじ動作を強制されると体の決まった場所が痛くなってきます。

仕事終わりにはその部位が痛くて動かなくなってしまうほど。

ヘトヘトになって帰っても、毎日毎日おなじ部位を使わないといけないので、ひどい時は体を壊してしまう可能性があります。

1日やっただけでも体がボロボロになってしまいますよ!

コタロー

『どれだけこき使うつもりだ!』って気分になるがね

ハムきち

実際のところ、ほとんどの人がこの『体全体が痛い』というのを経験します。

ミントちゃん

なかなか、過酷な業務なのね。

●特に痛くなる場所

  • ➡︎ジワジワと痛みがやっくる。
  • 背中、腰➡︎前かがみで仕事することも多いので背中や腰を痛める人も多い
  • 指先➡︎細かい手作業をやる場合は指先が痛くなります。

ライン作業はスピードが追いつかない

ライン作業のスピードはものすごく早いので作業に追いつけません。

長い時間ライン作業をやっていると疲れが出てきてしまい、機械のスピードに追いつけなくなるのです。

入社したばかりの頃は作業者のスピードに合わせてくれますが、

なれてくるとMAXスピードまで上げられてしまうので、ライン作業のスピードに追いつけなくなることは良くある話です。

『こんなスピードで仕事するなんて無理だろ!!!』

と思うくらい早いです。

悩む人

スピード追いつけない場合はどうすればいいの?

現場リーダーに頼んでスピードを遅くしてもらうか、緊急事態の場合は非常停止ボタンが近くに配置されているので、無理だと思ったらボタンを押しても大丈夫です。

僕もよく非常停止ボタンのお世話になりました。

優しい社員が近くにいる場合はコツを教えてくれたり手伝ってくれますが、

マウント取ってくる先輩や熟練のパートのおばちゃんの場合は舌打ちされたりするので精神的にもきつくなってくると思います。

ハムきち

優しい社員が隣にいると仕事がやりやすいですよ!

コタロー

舌打ちされるとか耐えられないがね!

⬇️下の記事ではライン作業についていけない原因や、その解決方法をまとめました。

【ライン作業が間に合わない!】ついていけない原因や早くこなすコツを教えます!

ライン作業は時間が経つのが遅い

ライン作業は時間が経つのがものすごく遅いです!!

というのもライン作業とは単純作業の繰り返しです。

仕事の区切りがないので『ここまでやった!』という達成感が得られにくいので、時間の進みが遅く感じてしまいます。

仕事中に時計を見ると、

『こんなに仕事をしているのに、まだ10分しか経っていない!!!』

というようにショックを受けるほど。

会社では『時計を見てはいけないプレイ』が流行りました。

1日が長く感じるので普通の人の1.5倍ほど働いている気分になります。

ライン作業は精神的にきつい

  • 体の疲労感がすごい
  • スピードに間に合わない
  • 時間が経つのが遅い

この3点セットを食らってしまうと精神的にきつくなってきます。

『こんなに頑張っているのに、なんのために働いているの?』

とか、

『なんでこんな辛い仕事をやらなければいけないの?』

というように精神的にきつくなってくるのです。

ここまでくると、辛いしか言いようがありません。

🔽下の記事ではライン作業は精神的にも辛い理由をまとめました。

ライン作業は精神が崩壊する!【辛い理由を5つ解説する】

空調のない工場のライン作業は悲惨

特に空調のない工場のライン作業は本当に悲惨です。

夏の工場の気温はピーク時で45度まで上がります。

45度まで上がった工場の中でライン作業をやっていると頭がクラクラしてきて、倒れそうになってくるほどきついです。

あまり頭を使わない仕事なので余計に暑さを感じてしまうのかもしれませんが。

ハムきち

空調の効いてる工場を選ぶだけで疲労感も変わってきます!

コタロー

今の時代、空調がないだけでも地獄!

●空調のない工場の気温

  • 夏➡︎45度
  • 冬➡︎0度

ライン作業はトイレに行けない

ライン作業はベルトコンベアーから次々と製品が流れてくるので、休む暇がありません。

その結果、トイレに行きたくなった時は我慢するしかないのがきつい。

悩む人

どうしてもトイレに行きたくなったら、どうすればいいの?

そんな時は近くにいるフォークリフトの運転手や現場リーダーに交代してもらってトイレに行っていました。

しかし何度もお願いするのは気まずいので、休憩時間には必ずトイレを済ましたほうがいいですよ!

お腹の調子が悪い時は、事前に現場リーダーに報告しておくとイヤな顔をされません。

箱替えが地味にきつい

梱包作業の場合、詰める箱がなくなったら新しい箱を用意しないといけません。

その箱替え作業というのは、

製品が流れてくるライン作業をやっている片手間でやらなければいけないので製品の梱包や組み立てが間に合わなくなります。

少しでも箱替えに手間取った場合、製品はどんどん流れてくるので今にもこぼれ落ちそうな状態になることが多々ありました。

僕はこの補充作業が下手だったので、パートのおばちゃんに舌打ちされていました。

ロボットになった気分になる

何万回もおなじ動作をやっていると、

『あれ?いつの間にかロボットに生まれ変わったのか?』

とか

『俺の前世ってロボットだっけ?』

と思うようになります。

単純作業の繰り返しというのは、ここまで人間を追い込んでしまうんですね。

同じ動作をすることが苦手な人はライン作業には向いていません。

工程ミスをすると不具合の量が半端ない

ライン作業の生産量は1日に1万台以上生産しています。

工程ミスをすると1000台以上の不良品を作ってしまうことなんて普通にあります。

単純作業だからといって誰でもできるというわけではなく、毎日が気の抜けない作業になってくるのです。

自分の作ったものが世の中に売り出されていくことを意識することが大切です。

ライン作業の夜勤は睡魔との戦い

夜勤のライン作業は本当に眠たいです。

同じ作業ばかりやっていると眠気しかありません

眠すぎて叫んだことすらあるので本当にきついです。

悩む人

仕事中に眠たくなった場合、どうすればいいのかな?

とりあえず、叫んでみれば?

はい、違いますね。

お昼休みの休憩時間を利用して仮眠をとってしまったほうが、スッキリして仕事をすることができますよ!

他にもミントガム清涼感の強い目薬なんかも気分転換になって眠気対策になります。

ここまでやっても眠気が取れない場合は、強制的にスイッチを入れる方法が1つだけあります。

それは、筋トレをすることです!

筋トレをやると体の血行が良くなり眠気が吹き飛ぶので試してみてください。

僕はこれで何度も助けられました。

夜勤の眠気対策
  • 休憩中に仮眠をとる
  • ミントガムや目薬をつかう
  • 筋トレや運動する

🔽下の記事では夜勤をやっていて辛かったことをまとめました

【夜勤はすべてがおかしくなる】工場の夜勤は辛くてしんどい

スキルが付きにくいので将来が心配

ライン作業をやっていると他の業種でも働けるようなスキルがつきません。

なぜなら、ライン作業に知識や経験が必要ないことがほとんどだからです。

例えばライン作業のメリットとして、

  • 単純作業
  • 何も考えずに仕事できる

この2点があります。

しかしこのメリットの裏側には、『スキルがつかない・誰でもできる』というデメリットもあるのです。

工場でライン作業しかやってこなかった同僚が転職するときに、

『ライン作業しか転職先が見つからなかった』

ということで、ものすごく苦労をしていました。

ライン作業を続けることで、ライン作業から抜け出せないという大きなデメリットを抱えてしまうのです。

悩む人

どうすればライン作業のループから抜け出せるの?

上司に相談をしてスキルがつきそうな部署に異動させてもらうのが1番簡単な方法です。

そのためには新しい知識を吸収する姿勢も大切ですし、資格試験にも挑戦して評価をあげることも必要になってきます。

しかし、それでも抜け出せない場合は転職することも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

◯ライン作業を抜け出す方法

  • スキルがつきそうな部署に異動する
  • 資格を取る
  • 転職する

ライン作業に向いている人

悩む人

ライン作業ってどんな人に向いているの?

ここまで悪い話ばかりしてきましたが、工場にはライン作業を何十年も続けている人たちがいます。

ライン作業をやっている人たちには、単純作業が好きだったり一人でもくもくと仕事をこなすことが好きな人が多いように感じます。

簡単な仕事とはいえ、きついと感じる人が多いので我慢強く続けることも大切です。

  • 単純作業が好き
  • 一人で黙々と仕事をしたい
  • 何も考えずに仕事をしたい
  • 要領よく仕事ができる人
  • ムダをなくすことが上手い人

ライン作業に間に合わせるコツ

悩む人

ライン作業に間に合わないんだけど、どうすればいいかな?

1番のコツは必要最小限の動きを身に付けることが大切です。

おなじ動作を何千何万と、こなさなければいけないのでムダな動きがあると時間のロスになります。

この少しの違いに気をつけることがライン作業を早くするコツになってきます。

あとは、テンポよくおなじ動作を続けていけば自然とライン作業が早くこなせるようになりますよ!

  • 最小限の動きを心がける(無駄な動きはしない)
  • 自分のリズムを作る(効率の良い順番を見つける)
  • 無心になる

まとめ【工場のライン作業は地獄】

工場のライン作業とは、『簡単で誰でもできる仕事』というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

その裏側ではキツすぎて1週間も耐えれずに辞めていく人もたくさんいます。

実際に僕もライン作業を経験したことがありますが、キツすぎて精神的におかしくなりかけたので、もう2度とやりたくありません。

しかし一言にライン作業とは言っても、様々な仕事内容があるので全てのライン作業を否定するつもりはありません。

工場ではライン作業をやっている人はたくさんいるので合う人にはとことん合う仕事だと思います。

【転職サイトランキング】3分で無料登録!転職にお困りの方はこちらから。

⬇️転職エージェントの詳細が知りたい方はこちらから⬇️
【転職者必見!】転職エージェントランキング詳細ページ

リクルートエージェント
🔼 3分で登録!上の画像をクリック🔼

国内最大手の転職エージェント!
求人数が最も多く、様々なジャンルを扱っていることが特徴的。
迷ったら登録して損はない転職エージェントです!

○国内最大級の転職エージェント
○幅広いジャンルを網羅
○面接対策や企業データを大量に吸収できる。

パソナキャリア
🔼 3分で登録!上の画像をクリック🔼

転職初心者に最もオススメしたい転職エージェントです。
面接対策・履歴書の添削・メンタルサポートなど、手厚いサーポートが魅力的。
3人に2人は年収アップの転職を成功させています!
○転職初心者にオススメ
○年収アップ率・顧客満足度が高い
○求人数は量よりも質がいい
30代向け
🔼 3分で登録!上の画像をクリック🔼

転職サイトNo1のはリクナビNEXTです。
求人数が最も多いので、転職エージェントと併用して使うことをオススメします。
転職エージェントなどの担当制が苦手な人でも気軽に利用できることが大きなメリット。

○転職サイトNo1
○グッドポイント診断も本格的
○転職エージェントと併用がオススメ