工場勤務

工場勤務の正社員はきついのか?13年間の全てを解説!!【まとめ】

この記事ではこんな悩みに対してお答えしています。

悩む人
  • 工場勤務ってどんな感じかな?
  • 工場勤務はきついって本当?
  • 工場のお仕事は自分にも向いてるのかな?

工場で働くことに対して不安抵抗感がある方も多いのではないでしょうか?

ハムキチ

この記事では、13年工場で働いた僕が工場で働いたことのない人に向けて、工場勤務の実態を伝えていきます。

>>プロフィールはこちら

この記事を読むとわかること
  • 工場勤務の仕事内容
  • 工場勤務はきついって本当?
  • 工場勤務の良いところ・悪いところ
  • 工場勤務に向いている人
  • 工場勤務の将来性

工場勤務の正社員ってきついの?

工場のお仕事といえば、基本的にはこんなイメージの人が多いはず。

  • 大量生産
  • 力仕事
  • 単純な仕事

一言に工場で働くと言っても様々な工程で成り立っているので、これら全てが当てはまるということではありません。

しかし、ライン作業で働くと上記のような単純作業になってしまうので、どこに配属されるかによって仕事内容が大きく変わってくるのです。

ハムきち

ちなみに、僕もライン作業をやった事がありますが、かなりキツかったのを覚えています。

コタロー

単純作業は思ったよりも辛いがね!

しかし、工場で働く人は日本でも多くの従業員の方が働いている産業であり、今では776万人以上もの方が工場で働いています。

2019 年工業統計速報

>>工場勤務あるある【怒涛の50連発!】これが13年間の集大成だぞ!

仕事の種類仕事内容
ライン作業製品の量産
運搬作業製品の運搬・出荷
品質管理製品の測定・品質の保証
技術職設備のメンテナンス・管理
部品加工機械を使って部品を加工する
管理職工場の全体をまとめる役

工場勤務の正社員はキツイのか?

悩む人

えっ!?やっぱり、工場で働くのってキツイんじゃないの!?

と思う人もいると思いますが、

ハムきち

ライン作業はハッキリ言ってキツイです。

毎日のように同じ仕事を任されてしまうので、やりがいすら感じられなくなってしまうかもしれません。

しかし、ライン作業で認められれば、機械操作のオペレーターを任されることもあるので、より専門的な技術を学ぶこともできます。

さらには、昔ながらの職人さんのような技術職に配属されれば、手に職をつけることもできるので、専門的な知識を身につけることもできます。

コタロー

技術職の場合は手先が器用で、向上心がある方は向いているがね!

>>工場のライン作業は地獄を見る!【きつい理由11選】

  • ライン作業はキツイ
  • 機械操作のオペレーターや、技術職に配属されれば専門的な知識を養うことができる。

工場勤務の夜勤

会社によっては、夜勤で働く可能性があることも考えなければいけません。

悩む人

工場の夜勤ってしんどいのかな?

ハムきち

夜に働くことに抵抗のない人は良いですが、

基本的には慣れるまでが、ものすごく大変に感じるのでやらないほうが無難だと思います。

夜勤がしんどいと思った事
  • 寝なきゃいけないのにまったく寝れない
  • 1日中ボーッとして眠たい
  • 体調がおかしくなる
  • 家族や友達と時間が合わない
  • とてつもない孤独感に襲われる
夜勤のいいところ
  • 昼間に時間ができる
  • 夜勤手当で給料ガッポリ
  • 上司の監視が緩くなる
  • 通勤ラッシュに巻き込まれない

僕が3年間、夜勤をやっていた時のことを書いてもいたので、参考にしてみてください。

>>【夜勤はすべてがおかしくなる】工場の夜勤はマジでしんどい

工場勤務の良いところ・悪いところ

悩む人

それじゃあ、工場勤務の良いところと悪いところを教えて欲しいな。

ハムきち

工場勤務の良いところはこんな感じです。

工場勤務の良いところ
  1. 手に職がつく
  2. 給料は悪くない
  3. 未経験からでも始めやすい
  4. 一人で黙々と仕事ができる
  5. 免許や資格取得につながる

基本的には一人で黙々と作業することができるので、人付き合いが苦手な人でも、問題なく馴染むことができるのもメリットです。

専門的な知識が必要になってくるので、誰もが未経験からのスタート。

特殊な免許や資格取得のもつながる仕事なので、向上心を持って働けば、ものすごい数の資格を所有することも可能です!

コタロー

それでは、工場勤務の悪いところも見ていくがね。

工場勤務の悪いところ
  1. 油まみれになる
  2. 夜勤になる可能性がある
  3. 腰痛持ちの人が多い
  4. 夏は暑くて冬は寒い
  5. 男だらけ(笑)

工場といえば、汚れ仕事というイメージがある人も多いと思いますが、現場仕事のほとんどが油まみれになってしまう仕事が多いです。

ライン作業の場合は夜勤を任される可能性もあるので、体力に自信のない方は馴染むまでに時間がかかるかもしれません。

その分、夜勤の場合は給料も割り増しでもらえるので、年収も高くなる傾向にあります。

>>工場勤務のメリット・デメリットは?13年働いたのでまとめてみた

工場勤務に向いている人・向かない人

ハムきち

ちなみに僕が思う工場勤務に向いている人はこんな感じです。

ライン作業の場合、どうしても単調な仕事内容になってしまうので、

  • 何も考えずに黙々と進めていきたい
  • とにかく体を動かす仕事がしたい!

という人には向いていると思いますよ!

向いている人
  • 単調な作業ができる人
  • 小さなことでも気がつく人
  • 体を動かすことが好きな人
  • 向上心がある人
  • 他の社員と連携が取れる人

逆に工場勤務に向いていない人は、

  • 飽き性で同じことを続けられない
  • 不器用だから細かい仕事は苦手!

という人は工場勤務には向いていない傾向にあります。

向かない人
  • 単調な作業に飽きてしまう人
  • 人付き合いが苦手な人
  • 立ち仕事が苦手な人
  • 細かい仕事が苦手な人
  • 個人プレーが好きな人

工場勤務は将来性があるの?

正直に言ってこれからの工場勤務の将来性は、手に職をつけないと厳しい印象にあります。

ここ最近の時代の変化を見てもIT化が物凄いスピードで進んでいますよね。

そのこともあって、工場内でもオートメーション化が進んでいるので、より専門的なスキルを身に付けることができるかが問題になってきています。

しかし、ロボットができないような、精密な調整や、機械メンテナンスに限っては人の手が必ず必要になってくるので、昭和初期の時代を生きた職人さんというのは今も昔もなくならない仕事だというのは断言できます。

工場勤務のまとめ

工場勤務というのは実際のイメージ通り、あまり良いものではないかもしれません。

しかし、一つのことを極めた人にしか見えてこない領域もあるのも事実。

実際に僕も13年間、工場で働いてきましたが、特別なスキルを身につけることもできましたし、資格もたくさん取らせていただきました。

要はその環境が良いのか悪いのかではなく、

『どんな環境でもあなた次第で成長できる環境は整っていますよ!』

ということを伝えたいです。

工場で働くことに対して不安に思うこともあると思いますが、実際に働いてみないと、あなたに合うか合わないかなんてわからないですよね。

自分の仕事に対して、プライドを持って取り組むことができるかが大切になってくるのではないでしょうか。

工場勤務の良いところ
  1. 手に職がつく
  2. 給料は悪くない
  3. 未経験からでも始めやすい
  4. 一人で黙々と仕事ができる
  5. 免許や資格取得につながる
ABOUT ME
ハムきち
倒産寸前の貧乏会社で回し車で走らされていたハムスター。残業月100時間超えのブラック企業でハム生を消耗していました。今では残業0大手企業の温室古屋でぬくぬく暮らしております。 このブログでは転職活動で苦労したことや、ブラック企業の実態をお伝えします。

転職サイトはdoda

最後までお読み頂きありがとうございます!応援よろしくお願いします!