工場勤務

【製造業の給料は安い?】工場勤務の平均年収や高卒・大卒の年収を比べてみた

この記事ではこんな疑問に対してお答えしています。

悩む人
  • 工場の給料っていくらもらえるのかな?
  • 他の業種と比べて高い?低い?
  • 高卒・大卒で年収のちがいはあるの?

これから工場で働きたい人や、働てまもない人にとって、将来的に年収がいくらもらえるようになるのか気になるところですよね。

しかし、工場勤務に対して「年収が低い」「給料がなかなか上がらない」というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

結論から話すと、

製造業は35歳の平均年収である500万以上は稼げます。

製造業ってこんなにもらえるの!?

と思った人も多いのではないでしょうか。

この記事では、

  • 工場勤務の年齢別年収表
  • 産業の年収ランキング
  • 高卒・大卒の年収のちがい

この3つについてまとめました。

ハムきち

13年間工場勤務をしている僕が、

工場勤務のお給料や年収についてお答えします!

>>プロフィールはこちら

この記事のまとめ
  • 製造業35歳男性の平均年収は407.1万(残業、各種手当を含めない)
  • 製造業の平均年収は519万 
  • 産業の平均年収ランキング第4位
  • 高卒の平均年収は320万
  • 大卒の平均年収は450万

工場勤務・製造業の平均年収

悩む人

工場勤務・製造業の平均年収はいくらなのかな?

まずは、製造業の年齢別平均年収をまとめました。

下記の表では厚生労働省より抜粋しているのでリアルなシュミレーションをすることができます。

※この表では基本給のみで年収を計算しています。

製造業(男性)の年齢別平均年収

年齢(男性)基本給ボーナス(4ヶ月)年収
〜19歳15.060.0241.5
20〜24歳17.068.0271.2
25〜29歳19.678.4314.7
30〜34歳22.590.0361.1
35〜39歳24.4101.6407.1
40〜44歳28.0112.1448.5
45〜49歳31.2125.0500.0
50〜54歳34.0136.0544.5
55〜59歳34.8139.0557.1
60〜64歳23.10278.2
引用元:厚生労働省 平成 30 年賃金構造基本統計調査の概況
  • 平均年齢:42.6歳
  • 勤続年数:15.5年

基本給だけで見てしまうと低く感じてしまいますが、工場のお給料には『残業手当・夜勤手当・技能手当』などが加算されます。

働き方によっては平均年収よりも高い金額をもらうことができるところが工場の魅力です!

ハムきち

この表から見ると、

5年で月収3万増えている計算になります!

コタロー

仕事ができるようになると、きちんと評価されているから意外と悪くないがね

【全職業】年齢別平均年収

こちらは、全職業の年齢別平均年収をまとめました。

35歳で年収500万であれば平均年収であることが分かります。

工場の年収では残業20時間ほどこなせば平均である500万以上の年収を稼ぐことはできます。

◯【全職業】年齢別平均年収

20歳240万
25歳335万
30歳427万
35歳505万
40歳575万
45歳643万
50歳743万
59歳812万
doda:平均年収ランキング2012年 年齢別20歳〜59歳の年収データ一覧より引用

製造業は何位!?業種別平均年収ランキング

この表では業種別の平均年収ランキングになっています。

ライフラインである『電気・ガス・水道業』関係は平均年収が高めになっていますね。

しかし、建設業を抑えての4位は決して低い年収ではないということが分かります。

1位電気・ガス・水道業759万
2位金融業・保険業631万円
3位情報通信業622万円
4位製造業519万円
5位建設業501万円

35歳、工場勤務で平均年収の500万は可能な金額です

このように、工場でコツコツ働いていれば、35歳の平均年収である年収500万以上は可能な金額になってきます。

実際に僕の初任給も手取りで15万ほどしかありませんでした。

しかし、35歳になる頃には残業代(月平均20時間)や技能手当を含めることで、手取り30万で年収500万以上はもらうことができます。

夜勤をやっている工場に関してはさらに多い給料をもらっていることになりますよ!

ハムきち

ちなみに、35歳で年収500万というのは平均的な金額なので、結婚して子供ができた場合は、ギリギリやっていけるかな?という感じです。

コタロー

奥さんがパートや正社員の場合は余裕を持って生活できるのが、平均年収である500万の生活だがや!

ミントちゃん

さあ、コタロー。働いてきなさい。

製造業は大卒・高卒で初任給や年収のちがいは?

悩む人

製造業では、大卒と高卒の給料や年収のちがいはあるの?

そこも気になるところですよね。

工場では高卒社員の割合が多いですが、両者の平均年収は以下のような金額になります。

平均年収初任給
高卒 製造業320万16.9万
大卒 製造業450万 21.0万

初任給に関しては年齢の違いがあるので高卒の方が低くなってしまいますが、実力がついてくる頃には年収ベースでいうとほとんど同じ給料になります。

しかし、大卒と高卒の年収が開き始めるのは、大卒の方が出世しやすいことがあげられます。

1度出世ルートに乗ってしまえば部長クラスまで上り詰めることができる点については大卒との年収が開いてしまいます。

ハムきち

大卒でも全員が出世できるわけではないので、一般社員の場合は大卒と高卒の間に大きな開きはありません。

工場で年収・給料を上げる3つのコツ

悩む人

工場で年収を上げるには、何をやったら上がりやすいの?

工場で年収をあげたい場合は以下の3つが効果的です。

現場職になるので、実際に結果や行動で表すことが多いので、単純にバリバリ働いていれば給料が上がっていくというわけではないので注意が必要です。

◯年収・給料を上げる3つのコツ

  • 資格を取る
  • 自分から率先して働く
  • 上司や同僚と仲良くする

資格を取る

やはり、工場のお仕事というのは資格を取った分だけ有利に働くことができます。

中には、資格給として月収に加算される資格もあるので年収を手っ取り早く上げるには資格を取ることがもっとも有効になってきます。

自分から率先して働く

何事も自分から動かないと何も始まりません。

会社の上司や同僚が背中を押してくれるわけではありません。

自分から難しい仕事を引き受けたり、同僚が困っている場合は手助けして上げることで、周りからの評価はどんどんあなたに集まってきます。

このように、他人からの支持を受けて働かされるのではなく、自分から率先して働くことで、仕事の質が大きく変わってくるとともに、周りからの評価をあげることに繋がってくるのです。

上司や同僚と仲良くする

上司や同僚が『これをやったら喜ぶだろうな』と思うことを積極的にやってみてください。

というのも、人間というのは自分中心で働いています。

そこであなたが相手に尽くす行為をすることで自然と周りからの評価が高まり、あなたの評価に繋がります。

例えば、同僚が仕事がやりきれなくて困っていたところを、先回りして手伝ってみたり。

他人がやりたがらないことに対して積極的に取り組むことも周りからしたらありがたいはず。

このように、上司や同僚と仲良くすることであなたの存在感が高まっていき自然と高評価につながってくるのです。

まとめ【初任給は低いが徐々に上がってきます】

工場勤務というのは世間から見ても決してホワイトカラーの強い職業ではありません。

しかし、コツコツと自分のスキルや実績を積み上げることで、一般的な平均年収かそれ以上の年収をもらうことは可能です。

スキルを磨くことでより良い環境の工場に転職することもできるので、積極的に狙ってみてはいかがでしょうか。

この記事のまとめ
  • 製造業35歳男性の平均年収は407.1万(残業、各種手当を含めない)
  • 製造業の平均年収は519万
  • 産業の平均年収ランキング第4位
  • 高卒の平均年収は320万
  • 大卒の平均年収は450万
【転職サイトランキング】3分で無料登録!転職にお困りの方はこちらから。

⬇️転職エージェントの詳細が知りたい方はこちらから⬇️
【転職者必見!】転職エージェントランキング詳細ページ

リクルートエージェント
🔼 3分で登録!上の画像をクリック🔼

国内最大手の転職エージェント!
求人数が最も多く、様々なジャンルを扱っていることが特徴的。
迷ったら登録して損はない転職エージェントです!

○国内最大級の転職エージェント
○幅広いジャンルを網羅
○面接対策や企業データを大量に吸収できる。

パソナキャリア
🔼 3分で登録!上の画像をクリック🔼

転職初心者に最もオススメしたい転職エージェントです。
面接対策・履歴書の添削・メンタルサポートなど、手厚いサーポートが魅力的。
3人に2人は年収アップの転職を成功させています!
○転職初心者にオススメ
○年収アップ率・顧客満足度が高い
○求人数は量よりも質がいい
30代向け
🔼 3分で登録!上の画像をクリック🔼

転職サイトNo1のはリクナビNEXTです。
求人数が最も多いので、転職エージェントと併用して使うことをオススメします。
転職エージェントなどの担当制が苦手な人でも気軽に利用できることが大きなメリット。

○転職サイトNo1
○グッドポイント診断も本格的
○転職エージェントと併用がオススメ